稲田防衛相(左)と会談する沖縄県の翁長雄志知事=21日午後、防衛省

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は21日、防衛省で稲田朋美防衛相と会談し、米軍北部訓練場(同県東村、国頭村)で建設中のヘリコプター離着陸帯で運用される新型輸送機オスプレイを対象とした環境影響評価(アセスメント)の実施を求める要請書を手渡した。

 要請書は沖縄県知事と東、国頭両村長の連名。政府による過去のアセスは別機種が対象で「騒音や排気熱の影響が大きく異なる」として再実施を求めた。米軍普天間飛行場(宜野湾市)に所属するオスプレイの配備撤回も盛り込んだ。

 会談で翁長氏は「オスプレイに対する県民の不安が払拭(ふっしょく)されていない」と再アセスの必要性を強調。稲田氏は「誠心誠意対応していきたい」と述べたが、実施するかどうかについては明言を避けた。

 北部訓練場は来月22日の部分返還が日米間で固まっており、米側が条件としている離着陸帯の建設工事を防衛省が急ピッチで進めている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加