佐賀県は22日、唐津湾沖での海砂採取量について、来年1月から年間100万立方メートルを上限にすると発表した。これまでの年間130万立方メートルから減らし、環境負荷を軽減する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加