唐津市長選で、特定医療法人理事長の田中路子氏(68)は22日、佐賀新聞社の取材に対し、「50年間、政治・行政経験のある人ばかりが首長をしてきた。民間の知恵や主婦、母親の視点を生かして、ダイナミックかつ、きめ細やかな市政をしていきたい」と語り、立候補の意思を示した。

 田中氏は、若い世代の定住を促すための保育所整備や、やる気のある若手職員を積極的に登用し、市役所の意識を改革する考えを述べた。遅くとも12月上旬までには公約をまとめ、正式に発表する予定。

 田中氏は唐津市出身で、現在は福岡市在住。

このエントリーをはてなブックマークに追加