県高校新人少林寺拳法大会兼第3回九州選抜大会県予選は23日、武雄市の武雄高体育館であり、男子単独演武は福島隆太(北陵)、同女子は小野和菜(高志館)が制した。男子組演武は木寺悠太・武富翼(武雄)、同女子は渕野沙羅・山口鈴葉(武雄)がそれぞれ制した。上位入賞の選手は12月10、11日に福岡県中間市である九州大会に出場する。

 【男子】単独演武 (1)福島隆太(北陵)251点(2)岩永玲旺(有田工)249点(3)江島優生(神埼)245点▽組演武 (1)木寺悠太・武富翼(武雄)253点(2)山口玲緒・諸隈大洋(同)245点(3)野澤鉄郎・北大世(同)240点▽団体演武 (1)武雄(木寺悠太、武富翼、野澤鉄郎、北大世、山口玲緒、諸隈大洋)253点

 【女子】単独演武 (1)小野和菜(高志館)245点(2)秀島萌恵(武雄)244点(3)坂本史帆(同)243点▽組演武 (1)渕野沙羅・山口鈴葉(武雄)251点(2)奥内陽子・室原実ノ里(同)238点(3)武村希鈴・釘抜日奈子(同)235点▽団体演武 (1)武雄(渕野沙羅、山口鈴葉、秀島萌恵、奥内陽子、武村希鈴、釘抜日奈子、坂本史帆、下川真凜)251点

このエントリーをはてなブックマークに追加