佐賀空港発着のソウル便を週3往復運航している韓国の格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空は、12月21日から来年2月27日までの期間限定で、木曜を除く週6往復に増便する。

 ソウル便は現在、火曜、金曜、日曜に運航し、佐賀着が午後4時10分、佐賀発は午後5時10分。

 増便分は、月曜が佐賀着午後2時25分で佐賀発は同3時25分、水曜と土曜は佐賀着午前9時で佐賀発が同10時20分。12月28日は運航しない。県空港課は「佐賀からの利用者にとって使いやすい時間帯」と話し、日本人客の増加を期待する。

 4~10月のソウル便の搭乗者数は、前年度比467人減の2万1518人。熊本地震による1カ月間の運休が響いたが、搭乗率は74・9%と前年度を11ポイント上回った。10月単月も86・9%と好調に推移している。

 今回の増便について空港課は「新しい機材が入ることや、12月から翌年2月までは韓国で日本への需要が高まる事情が影響したとみられる」と話す。

 増便分の搭乗券は23日から販売し、運賃は片道で3千円からとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加