政府、与党が検討する酒税見直しの工程表案が22日判明した。2026年10月に税率を一本化するビール類は、それに先立つ23年10月に「第三のビール」という区分を廃止して発泡酒に統合する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加