致死率の高い危険な病原体を扱うバイオセーフティーレベル4(BSL4)の研究施設を長崎大に設ける計画を巡り、地元の長崎市と長崎県は設置に協力することで大学側と合意した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加