参院法務委員会で諫早湾干拓の開門関連訴訟への対応について質問する山下雄平議員=東京・永田町の参議院

 自民党の山下雄平参院議員(佐賀選挙区)は、諫早湾干拓事業の開門を巡る一連の訴訟について22日の法務委員会で質疑した。早期の法的結論を求めたが、金田勝年法相は「最高裁の統一的判断を求めていく立場に変わりはない」と従来の見解を改めて示した。

 国が長崎地裁の和解勧告に沿って開門に代わる有明海再生策として提案している基金案に関し、山下氏は「開門を前提としない形で合意を得るのは難しい」と指摘した。その上で、沿岸4県の漁業団体が和解の成否に関係なく実現を求めている点を踏まえ、「基金案と和解は切り離した方が有明海再生の前進になる」とただした。

 農林水産省農村振興局の奥田透整備部長は「通常、基金方式はその必要性を厳格に検討し、極めて限定的に用いられる。今回の提案はあくまで和解勧告に応えるための例外的な措置だ」と答え、和解と基金案を切り離す考えはないとした。

 金田法相は今後の訴訟対応に関し「和解協議が成立すれば一連の訴訟を全体的に解決することができる。まずは裁判所の訴訟指揮に従って真摯(しんし)に努力していきたい」と答弁した。

このエントリーをはてなブックマークに追加