来場者の手拍子で「世界一ごはん」を熱唱する植村花菜さん=佐賀市のアバンセホール

木材の家具が大好きだと話す植村花菜さん=佐賀市のアバンセホール

 エフエム佐賀は13日、ゲストにシンガー・ソングライターの植村花菜さんを迎え、佐賀市のアバンセホールでラジオ特番の公開録音を開いた。ヒット曲「トイレの神様」や今年5月に発表したアルバムから「ただいま。」など全4曲を熱唱し、約300人の来場者を魅了した。

 特番はどん3の森で開かれた「よかウッドフェタ」(佐賀県、さが緑の基金主催)と「フラワーフェスティバル」(県花づくり推進協議会)の一環。植村さんは名前の植、花、菜の3文字をあげ「(木や花の祭典である)よかウッドフェスには、名前で呼ばれたんですかね?」とおどけて見せた。

 CMや映画の主題歌になった「新しい世界」、「世界一ごはん」、「ただいま。」を披露し、最後は大ヒット曲「トイレの神様」を熱唱して来場者の涙を誘った。子育て奮闘中の植村さんは木材の家具が大好きで、1歳9カ月の息子へのおもちゃも積み木やウッディバイクなど、木製のものを選んでいるという。「でもやっぱり男の子だから、プラレールも好きで…」と話し笑いを誘っていた。

 特番は27日18時から放送予定。

▽植村花菜さん メッセージ
このエントリーをはてなブックマークに追加