自民、公明両党の税制調査会は24日、2017年度税制改正の焦点となる所得税の配偶者控除見直しで、控除が受けられる配偶者の給与年収要件を現在の「103万円以下」から「150万円以下」に引き上げる方向で…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加