式典で、吉田絃二郎の遺影が掲げられた壇上に立つ読書感想文などの最優秀賞の児童生徒=神埼市中央公民館

 神埼市出身の作家吉田絃二郎(1886~1956年)の生誕131年祭が23日、同市中央公民館であった。住民や教育関係者らが出席し、大正時代から昭和にかけて活躍した氏の業績をたたえた。

 主催した吉田絃二郎顕彰会の牟田辰三会長は「住民が気軽に作品に触れ、郷土の誇りを持つことにつなげてほしい」とあいさつ。『天までとどけ』『伐(き)り倒された木』など吉田絃二郎の作品を対象に市内の小中学生から募った感想文や感想画の表彰式も行われた。最優秀賞を受けた児童生徒は吉田絃二郎の遺影を掲げた壇上で表彰された。(山本礼史) 最優秀賞受賞者は次の通り。(敬称略)

 【読書感想文】池田美鈴(神埼小5)山本千夏(西郷小6)平田雄大(仁比山小6)豊福希未(千代田中部小6)酒見琴音(千代田西部小6)山口にこ(脊振小6)安本大輝(神埼中3)

 【読書感想画】三村保恩(神埼小6)詫摩あかり(西郷小3)石松優花(仁比山小5)垣副優奈(千代田東部小2)山下統野(千代田中部小4)香田晃助(千代田西部小6)野田高大郎(脊振小4)田中敦也(神埼中3)

このエントリーをはてなブックマークに追加