大相撲名古屋場所6日目の13日から休場した横綱鶴竜関は日本相撲協会に「右肘関節炎で2週間の安静休務を要する見込み」との診断書を提出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加