バスケットボールの第94回天皇杯・第85回皇后杯全日本選手権大会は14、16の両日、小城市の芦刈文化体育館などで男女の佐賀県予選を行う。社会人地域リーグの佐賀バルーナーズ(佐賀市)や県高校総体を制した佐賀北など男子7チーム、女子6チームが出場し、県代表の座をかけてトーナメントで競う。

 男子は天皇杯予選初出場となる佐賀バルーナーズが有力。持ち前の運動量を生かした攻撃的なプレーで頂点をうかがう。女子は国体メンバーを擁するひらまつ病院を筆頭に、LOVE PHOENIXらが優勝を争う。

 予選を制した各都道府県の代表は9月15~17日に東、中、西日本の3地区で行われる1次ラウンドに進出。2次ラウンドは12月1、2日に8会場で実施される。準々決勝以降のファイナルラウンドは来年1月10~13日にさいまたスーパーアリーナで行われる。

 同大会は昨年から共同通信社が共催となり、佐賀新聞社など共同通信加盟社も3次ラウンドまで共催に加わる。

このエントリーをはてなブックマークに追加