九州新幹線長崎ルートのフル規格化への協力を求める要望書を手渡す(左から)長崎県議会の八江委員長、溝口議長、佐賀市の畑瀬副市長、重松副議長=佐賀市役所

 長崎県議会の九州新幹線西九州ルート整備特別委員会(八江利春委員長)は12日、佐賀市役所を訪れ、佐賀市と市議会にフル規格化への協力を要請した。要望書は「フリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の導入が困難になった特殊事情を考慮し、地方負担の軽減を国に要望している」とした上で、佐賀市に「他の整備新幹線に遅れることなく整備を促進するため、共に議論を進めてほしい」と求めている。

 特別委の10人と、溝口芙美雄議長が訪問した。佐賀市側は秀島敏行市長が出張中で、畑瀬信芳副市長と重松徹副議長らが対応した。

 八江委員長は「佐賀、長崎が一緒になった国への要望活動を求めたい。佐賀が応分に負担しなくていいように同じ方向性で努力したい」と述べた。畑瀬副市長は「ここまでの合意形成はいずれもFGTで手続きされた。その合意が残っており、今は佐賀市の考えを示すのはいかがなものか、という状況にある」と答え、議論は平行線だった。

 特別委は村上大祐嬉野市長とも面会した。13日は佐賀県と県議会にも要望書を提出する。

このエントリーをはてなブックマークに追加