佐賀県内のタイラギ漁業者でつくる「県潜水器業者会」(竹島好道会長)は25日、県の委託を受け、有明海でタイラギの生息調査を実施した。漁獲対象となる成貝は見つからず、5季連続の休漁がほぼ確実となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加