始球式を務めた神埼清明3年の小川恭平=みどりの森県営球場

始球式を務めた神埼清明3年の小川恭平=みどりの森県営球場

 脳性まひの影響で左肘より先がほとんど動かない中、懸命に練習を重ねてきた神埼清明の小川恭平が堂々と始球式を務めた。ストライクゾーンにはいかなかったが、「思い切り投げられた」と汗をぬぐった。

 「いままで支えてくれた人たちへの感謝の気持ちを込める」と意気込み、人生初のマウンドに上がったが、「緊張で震えた」といい、捕手手前でワンバウンド。それでも「高校時代を振り返って一番自慢できることになるかな」と満足した様子だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加