ドローンなどで収集した画像を使ってパソコン上で構成した3次元データ(提供写真)

3次元データを見るために、ヘッドマウントディスプレーを装着しながらコントローラーを操作する国際技術コンサルタントの社員=佐賀市の同社

 測量などを手掛ける国際技術コンサルタント(佐賀市、高岸貞登社長)は、ドローンやレーザースキャナーを使って集めた情報を組み合わせて、パソコン上で3次元のデータに変換する技術を取り入れている。建設現場の省人化やICT導入を進める業界の中で、工期短縮や現場事故の防止につながる独自技術を全国にアピールしている。

 同社は2016年ごろからドローンやレーザースキャナーを使って土木工事や災害現場、文化財の記録保存で3次元の測量を行ってきた。高精度カメラで撮影した画像やレーザーを飛ばした反響を基に、パソコン上で3次元の図面に仕上げている。

 約1万平方メートルの現場では作業員2人で1週間以上かかる測量作業が、半日で済むなど効果があるという。同社の柴田昌和課長は「時間やコストの低減につながる。現場にいる時間が減るために事故などの防止にもつながっている」と話す。

 同社ではこのような技術をさらに“進化”させた先進システムの活用にも乗り出している。ヘッドマウントディスプレーを頭部に装着し、コントローラーを両手に持って3次元の空間の中を自由に見て回ることができるという。実際にその現場に行かなくても、まるでその場にいるような臨場感で、鳥のように上空から見ることも可能。

 同社では取引先へのプレゼンテーションや展示会などで一般の人に技術を伝える際に有効に活用している。柴田課長は「以前は平面図を見て頭の中で立体的に思い浮かべていたが、どの位置や角度からでも自由に見ることができる」と利点を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加