唐津署は11日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、唐津市浜玉町の男(38)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後3時35分ごろ、同町浜崎の市道で、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。

 同署によると、検問中の警察官が不審車両を発見し、乗っていた容疑者を職務質問して調べたところ呼気1リットル中から0・9ミリグラムのアルコールが検出された。「酒は飲んでいるが、運転はしていない」と容疑を否認しているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加