ホッケー男子の18歳以下日本代表に初選出され、日韓交流戦で初ゴールを決めた伊万里商高のFW川原大和さん=伊万里商高グラウンド

 男子ホッケーの18歳以下日本代表に初選出された伊万里商高の川原大和さん(16)が、15~18日に岐阜県で開かれた日韓交流戦に先発。第2戦で代表初ゴールを決める活躍を見せた。

 九州から唯一、日本代表に招集された川原さんは、交流戦3試合すべてにFWとして出場。第2戦第2クオーターには、左サイドからのクロスに鋭く反応して、鮮やかなタッチシュートを決めた。

 身長174センチ、体重57キロ。持ち味はゴール前のスピードと巧みなスティックさばきで、父親の川原邦弘さんが指導する「伊万里少年ホッケークラブ」で、兄悠雅さん(23)、姉若菜さん(22)とともに技を磨いた。小中学校時代には数々の全国大会に出場して経験を積むと、伊万里商に進学してからはFWとして活躍。10月の岩手国体でも得点を決め、チームの4位入賞の原動力となった。

 初の日本代表の試合を振り返り、「うまい選手ばかりでフィジカル面で差をつけられた。もっと鍛えて強くならないと」と川原さん。チームが出場する来年3月の全国選抜大会に向け、「自分がゴールを決めてチームを勝利に導きたい」と抱負を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加