徳島戦に向けた練習でシュートを放つFW豊田(中央)=4日、鳥栖市北部グラウンド

 サッカーの第98回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会・Jリーグ主催、共同通信社・NHK共催)は11日、3回戦15試合があり、J1サガン鳥栖は午後7時から徳島県鳴門市の鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムでJ2徳島ヴォルティスと対戦する。

 2回戦から登場した鳥栖は6月6日、香川県代表の多度津FCと対戦。終始相手を圧倒し、7-0と大勝した。18日に再開するリーグ戦に向け、徳島からしっかり白星を挙げて弾みをつけたい。

 徳島は2回戦でJ2栃木を1-0で下した。リーグ戦は22チーム中15位とやや苦戦しているが、ここ2試合は大分、熊本に完封勝ちしている。

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会のためリーグ戦は中断しており、約1カ月ぶりの公式戦となる。FW小野は「ここからはリーグ戦、天皇杯に関係なく、全ての試合に勝つつもりで戦わないといけない」と闘志を燃やす。

このエントリーをはてなブックマークに追加