山浦新町の登城道。この両脇に市が立つ町屋が並んでいた

 九千部山麓の山里の話は、安良川西側の山浦へと移ります。牛原から安良川の東橋を渡ると、「山浦新町」と呼ばれる地区です。

 なぜこんな山地に「新町」なのでしょうか。調べてみると、この周辺も牛原と同じように中世の山城が築かれていました。すぐ上には葛籠( つづら )城があり、そこから延びるなだらかな尾根線一帯が山浦新町です。

 尾根の東側は安良川が削った谷によって鳥栖・田代・基里地区へと開け、さらに久留米・小郡地域へつながります。西側は麓・旭地区、その先は神埼・佐賀地域へとつながります。

 これを逆にみると、それらの地域から山浦新町に道が集まって来ていることになります。そして、北方向の峠を越えてきた博多からの物資が山浦新町に届きます。ここで市が立てられていたので、山浦新町と地名がついたようです。(鳥栖郷土研究会会長・藤瀬禎博)

このエントリーをはてなブックマークに追加