■新技術や工夫対策進む  「べと病」が広がり、本年産が異例の不作となった県産タマネギの主産地杵島郡白石町で、苗の定植作業が最盛期を迎えている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加