九州・沖縄の犯罪被害者とその家族でつくる自助組織「みどりの風」の廣瀬小百合代表(66)=鳥栖市=が25日、佐賀県庁を訪れ、県内全ての市町に犯罪被害者支援条例が制定されるように働き掛けを要請した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加