2016県内10大ニュース 募集

 佐賀新聞社は今年も「県内10大ニュース」を読者の投票で選びます。候補リストからニュース性が高いと思われる順に1位から10位までを選び、回答部分をはがきに貼って応募してください。佐賀新聞のウェブサイト、スマートフォンからも応募できます。

 結果は12月29日の新聞で発表するとともに、同日からウェブサイトで詳報します。県内ケーブルテレビ各社でも29日から31日まで、45分間の特別番組として放送します。

 集計結果に近い人の中から20人に記念品(2000円分の図書カード)を送ります。締め切りは12月7日(必着)。

 応募は〒840―8585 佐賀新聞社編集局「県内10大ニュース」係へ。住所、氏名、年齢、性別、電話番号を明記してください。

・サガン監督にフィッカデンティ氏

・長崎新幹線、リレー方式で22年度暫定開業へ

・熊本地震、県内でも震度5強

・肥前窯業圏、日本遺産に認定

・城原川ダム、「流水型」で建設へ

・「18歳選挙権」適用の参院選で福岡氏再選

・東名遺跡、国史跡に指定

・県教育情報システム不正侵入で少年逮捕

・ピカソ展に3万2000人

・今村雅弘氏、復興相に就任

・リオ五輪にラグビー副島、テコンドー濱田選手が出場

・玄海原発3、4号機、新基準「合格」

・坂井唐津市長の献金問題、政倫審が条例違反と判断

・緒方カープ、リーグ制覇、辻氏、来季西武監督に

・有田焼創業400年、記念事業多彩に

・オスプレイ配備計画でデモフライト

・諫早湾干拓開門問題、和解協議で基金案

・19年ぶりに佐賀市で熱気球世界選手権

・濱口投手(三養基高出身)、ドラフト1位でDeNAへ

・唐津くんち、ユネスコ無形文化遺産に

このエントリーをはてなブックマークに追加