笑いが免疫力を高め、病気に打ち勝つ生き方をユーモアを交えて伝授する山田邦子さん。会場は“かつてない”笑いに包まれた=佐賀市の佐賀新聞社本社

■「免疫力笑いで高めて」

 明るい高齢社会を提案する「スミセイさわやか介護セミナー」(住友生命福祉文化財団・佐賀新聞社主催、住友生命保険佐賀支社協賛)が26日、佐賀市の佐賀新聞社本社などで始まった。タレントの山田邦子さんが、自身の乳がん体験を踏まえ、笑いで免疫力を高めながら生きるコツを伝授した。

 山田さんは2007年にテレビ番組の企画で受けた検診でがんが発覚。最初は落ち込んだが、早期発見だったことを喜び、前向きに考えることにした体験を語った。また、「朗らかにストレスをためない生き方はタダで免疫力を高めることができる」と語り、物まねや顔芸を惜しみなく披露。会場は“かつてない”笑いに包まれた。

 最後に自作の歌を歌いながら、「泣くこともあるけれど、笑うことと一緒。生きているから。あした一緒に笑いましょう」と呼びかけた。

 セミナーは約280人が参加。県在宅生活サポートセンターでも認知症高齢者のリハビリの実習講座が行われ、27日も介護予防体操や笑いヨガによるストレスケアの講座が開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加