トヨタ自動車本社=2017年3月

 トヨタ自動車が25日発表した2018年3月期の有価証券報告書によると、ディディエ・ルロワ副社長の役員報酬は前期比3億4300万円増の10億2600万円だった。1億円以上の報酬開示が上場企業に義務付けられた10年3月期以降、トヨタで10億円の大台を超えるのは初めて。グループ世界販売が過去最高を更新するなど、好調な業績を反映した。

 トヨタは「優秀な人材を確保する観点から総合的に判断した」と説明している。ルロワ氏はフランスの自動車大手ルノーからトヨタに転じた。豊田章男社長は5800万円増の3億8千万円、内山田竹志会長は200万円減の1億8100万円だった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加