三宅璃奈さんが通っていた大阪府高槻市立寿栄小前の献花台に花を供える浜田剛史高槻市長=25日午前

 大阪府高槻市の中学校で始まったブロック塀の撤去作業=25日午前

 大阪府高槻市で始まった罹災証明書の早期発行手続き=25日午前

 震度6弱を記録した大阪府北部地震から1週間となった25日、5人が亡くなった大阪府内では発生時刻の午前7時58分に自治体関係者や知人らが黙とうし、犠牲者を悼んだ。被災地では469人(午前7時半現在)がなお避難所生活を続ける一方、電気、水道に続いてガスがほぼ復旧し、罹災証明書の早期発行手続きが始まるなど、生活復旧に向けた動きも進む。

 登校中だった高槻市立寿栄小4年三宅璃奈さん(9)がブロック塀の下敷きとなるなど3人が死亡した同市では、浜田剛史市長と職員ら約100人が発生時刻に市役所で黙とうした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加