唐船城築城800年記念事業のパンフレット

 唐船城築城800年。この話題については、これまでも何度か触れてきたが、ようやく先日の町議会で予算が承認され、記念事業に本格的に着手できるようになった。

 この事業実施に係る体制はこうだ。町内を中心とした各種団体の代表で組織した実行委員会が最終決定機関となり、そこに、いわば実働部隊とも言える事業の性格別に分けた三つの専門部会を設置、事業案の抽出や練り上げを行っている。一応、役場の担当課が事務局を担うものの、実行委員会や専門部会が主導し、最大限民意が反映される形となっている。

 事業期間としては、10月13日(土)~11月25日(日)の間で、メインとなるのは11月3、4日(土、日)に唐船山下の山田神社そばの特設会場で行う前夜祭と、翌週の11日(日)に焱の博記念堂で実施する記念式典で、当日披露される各種のアトラクションなども徐々に煮詰まってきている。

 そのほか、「歴史的資源を活かした町おこしシンポジウム」や「唐船城清掃ウオーキング」、「親子で体験 兜(かぶと)・甲冑(かっちゅう)作りと戦国体験」をはじめとした町民参加型のイベントや、唐船山頂上の特別ライトアップなど、今後、順次各種事業を実施予定である。

 また、唐船城周辺には、遺跡見学の周遊コースを整備し、それに合わせたガイドマップも作成。有田の礎となった往時の姿を、肌で感じられるように計画を進めているところである。

 (有田町教育委員会学芸員・村上伸之)

このエントリーをはてなブックマークに追加