第33回マルちゃん杯九州少年柔道大会は24日、宮崎市のKIRISHIMAツワブキ武道館であった。佐賀県勢は中学生女子の部で武雄中が初の頂点に立ち、小学生の部で有田警心館が3位に入った。

 中学生女子の部には57チームが出場した。武雄中は決勝で城南中(久留米市)と対戦。先鋒(せんぽう)永松莉菜が抑え込みで一本勝ちし、1-0で制した。

 70チームが争った小学生の部では、有田警心館が準々決勝で第1シードの大刀洗豪武館(福岡県大刀洗町)と激突。1-1で迎えた代表者戦で山本虎太郎が競り勝ち、3位入賞に貢献した。

 中学生の部の最優秀選手賞に鹿歩夏(武雄中)、優秀選手賞に橋口茉央(同)が輝き、小学生の部では山本虎太郎が優秀選手賞に選ばれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加