春の県大会は4強で、NHK杯は8強入り。投手を中心に守備を徹底し、流れを引き寄せる。 攻守の軸となるのは山﨑と木村。4番を担う山﨑はパンチ力十分で、積極的な打撃で好機を演出する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加