第66期王座戦本戦トーナメントの準々決勝で、深浦康市九段(右)を破った藤井聡太七段=22日夜、東京都渋谷区の将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は22日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第66期王座戦本戦トーナメントの準々決勝で深浦康市九段(46)を120手で破ってベスト4に進出、タイトル初挑戦まであと2勝とした。7月6日に行われる準決勝で、斎藤慎太郎七段(25)と対戦する。

 もう一方の準決勝は、タイトル保持者の渡辺明棋王(34)と永瀬拓矢七段(25)が対戦。藤井七段が準決勝も勝ち進めば、両者のどちらかとタイトル挑戦を懸けて戦う。

 中村太地王座(30)への挑戦者を決める本戦は、予選を勝ち抜いた棋士とタイトル保持者ら16人が出場。優勝者が挑戦権を獲得する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加