新規顧客の口座開設受け付け取りやめを告知する、仮想通貨交換業者大手「ビットフライヤー」のウェブサイト

 金融庁は22日、仮想通貨交換業者大手のbitFlyer(ビットフライヤー、東京)など計6社に対し、資金決済法に基づき業務改善命令を出したと発表した。立ち入り検査の結果、マネーロンダリング(資金洗浄)対策などの体制が不十分だと判断した。現在、登録業者は16社あるが約4割の業者が対象となる異例の一斉処分となった。

 金融庁の命令を受けてビットフライヤーは内部体制が整うまでの間、新規顧客の口座開設受け付けを自主的に取りやめることを明らかにした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加