穴見陽一氏

 大分がん研究振興財団は、自民党の穴見陽一衆院議員が衆院厚生労働委員会で参考人のがん患者にやじを飛ばしたことを受け、穴見氏から22日に同財団の理事を辞任する届け出があったと同日、明らかにした。理事長が届け出を受理したという。

 財団の植山茂宏理事長は「参考人や全国のがん患者やその家族に大変不快な気持ちを抱かせたことに、心よりおわびします」とのコメントを発表した。

 財団によると、穴見氏は2007年から理事を務めていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加