大阪府北部地震を受け、佐賀県と佐賀市は21日、ブロック塀の安全性に関する相談窓口を開設した。一般住宅の所有者らを対象に、建築基準法施行令に適合しているかどうか確認したい人の相談に応じる。

 県建築住宅課によると、ブロック塀の設置は、住宅と異なり建築確認申請が必要ないため実態を把握するのが困難という。相談窓口を通じて設置基準の確認を促し、著しく危険なブロック塀は現地調査も行う。

 窓口は県建築住宅課や各土木事務所、佐賀市建築指導課に設ける。問い合わせは佐賀市以外は県建築住宅課、電話0952(25)7165。佐賀市内は市建築指導課、電話0952(40)7170。

このエントリーをはてなブックマークに追加