セネガル戦に向け、調整する長友(左端)ら日本イレブン=カザン(共同)

 練習で指示を出す西野監督=カザン(共同)

 【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で1次リーグH組の日本代表は21日、キャンプ地のカザンで冒頭以外を非公開として練習した。24日午後8時(日本時間25日午前0時)からのセネガルとの第2戦を控え、2―1で勝った19日のコロンビア戦に先発しなかった選手を中心に、U―19(19歳以下)日本代表と30分の練習試合を実施した。

 練習前には高円宮妃久子さまがチームを激励。本田(パチューカ)は右太もも打撲のため別メニューで調整した。

 チームは22日の練習後に第2戦の会場となるエカテリンブルクへ移動予定。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加