合同インタビューに応じるIOCのバッハ会長=21日、スイス・ローザンヌ(共同)

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は21日、スイスのローザンヌにあるIOC本部で合同インタビューに応じ、2020年東京五輪への北朝鮮参加支援やスポーツを通じた朝鮮半島を含む東アジアの融和に向けて11月に予定される来日時に安倍晋三首相と会談する可能性を示唆した。

 11月末から12月にかけて東京で各国オリンピック委員会連合(ANOC)総会とIOC理事会が計画されており「会談が可能かコンタクトを取りたい」と話した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加