■ステージ、屋台で盛り上げ

 世界遺産「三重津海軍所跡」周辺のにぎわい創出を目指し、「秋の早都栄(はやつえ)祭り」が26、27の両日、佐賀市川副町の志賀神社で開かれた。ハンドメイドの雑貨店やグルメ屋台など23店が出店。地元ミュージシャンによるステージなどでにぎわった。

 佐野常民記念館前で「DAI DAI CAFE」を営む池田崇弘さん(31)が初めて企画した。池田さんは「1年前の世界遺産登録時と比べ、観光客数が減少傾向にある。まずは地元で盛り上げていければ」という。

 27日は出店だけでなく、終日ステージイベントも展開。「STATUS kids」らによるダンスをはじめ、溝上純一さんや重松正輝さんら地元ミュージシャンが歌で盛り上げた。演歌歌手の牧山ひろしさんは「三重津海軍所を歌う」を披露した。

 ステージの合間には、博愛の里中川副まちづくり協議会が三重津海軍所跡の見どころを紹介したほか、多久ちんどん芸能隊による「チンドンメドレー」もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加