中華街の人気店が登場。買い物客は試食しながら吟味した=佐賀市の佐賀玉屋

 「横浜・中華街展」が20日、佐賀市の佐賀玉屋で始まった。3年ぶりの開催で、点心やスイーツ、工芸品など人気の40店が並び、買い物客を楽しませている。26日まで。

 会場には熱々の小籠包(ショウロンポウ)や人気店の中華まんを試食しながら購入を吟味する買い物客でにぎわった。北京ダックやフカヒレの姿煮といった珍しい食材のほか、パンダやウサギを模した愛らしいドーナツは子連れに人気。

 イートインコーナーでは、チャーハンや海鮮あん焼きそばなど単品のほか、メーンにサブメニューとデザートが付くセットも食べられる。鹿島市から訪れた女性(82)は「目当ての中華まんとナッツ入りの月餅を手に入れた。食べるのが楽しみ」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加