会では、日ごろお世話になっている地域の住民に感謝の気持ちを伝えた=有田町の曲川小

 毎日の登校に付き添ってくれる「交通安全見守り隊」のメンバーら地域住民に感謝の気持ちを伝える会が、有田町の曲川小(山口芳民校長)であった。児童が日ごろの思いを込めた作文を読んだり、歌やダンスでもてなした。

 会では児童の代表が、見守り隊や月1回読み聞かせをするグループ、陶芸教室の指導者らに感謝の言葉を述べ、各学年ごとに出し物を披露した。見守り隊のメンバーらは一人ずつ「ありがとうを大切に」「皆さんの毎日の笑顔に元気をもらっている」などと、健やかな成長を願う言葉を掛けた。

 会終了後は、地区ごとに分かれた保護者とともに、石臼ときねで餅をついた。一緒につきたての餅を食べながら世代や学年を超えて交流を深めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加