気象庁は20日、西日本の広い範囲と東日本の太平洋側で21日にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあるとして厳重な警戒を呼びかけた。大阪府北部で起きた震度6弱の地震で地盤が緩んでいる地域では少雨でも土砂災害が起きやすくなっているので注意が必要だ。

 気象庁によると、梅雨前線が西日本から東日本の太平洋側に停滞し、今後は前線上の低気圧が東に向かう見通し。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が入るため、大気の状態が不安定になる。

 21日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い地域で近畿300ミリ、四国と九州南部200ミリとなっている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加