佐賀大学は19日、本年度実施する入試から、試験問題や解答例を公表することを決めた。翌年度の5月末までにホームページ上に、6学部の問題と解答例を一斉に公表する。

 文部科学省が今月はじめ、大阪大や京都大などの入試で出題ミスが相次いだため、試験問題や解答例を「原則公表」とする通知を出したことを受け、入学試験委員会(委員長・宮﨑耕治学長、16人)が協議した。

 「問題に使用した小説などの著作権は事後承諾の手続きが必要」として、5月末までの公表とした。問題の点検については昨年度、試験前の点検回数を前年度までの2回から3回に増やしており、本年度入試も3回点検する。また、昨年度に続き、外部機関に問題と解答例の確認も依頼する。

このエントリーをはてなブックマークに追加