エンゼルス戦の7回途中から登板したダイヤモンドバックスの平野=アナハイム(ゲッティ=共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは18日、各地で行われ、ダイヤモンドバックスの平野がアナハイムでのエンゼルス戦で6―2の七回途中に2番手で登板し、2/3回を1安打無失点、1四球で20試合連続無失点とした。チームは7―4で勝った。

 ドジャースの前田はカブス戦に先発する予定だったが、悪天候と球場の電力施設の不具合で中止になった。19日はダブルヘッダーとなり、前田は午後0時5分(日本時間20日午前2時5分)開始予定の1試合目に先発。

 ヤンキースは田中が先発して5回3失点で勝敗が付かず、降雨サスペンデッドゲームになっていた5月のナショナルズ戦に3―5で敗れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加