大阪府茨木市の避難所で、一夜を明かした人たち=19日午前

 大阪府北部で18日に起きた震度6弱の地震は、発生2日目の19日午前7時半時点で、府内で約1700人が避難した。多くが一夜を明かしたとみられる。府や総務省消防庁によると、人が居住する住宅の一部損壊が334棟に上ることが判明した。大阪が265棟、京都府64棟、奈良県3棟、兵庫県2棟。

 消防庁によると、19日午前6時半現在で負傷者は6府県で376人になった。大阪府の一部の自治体では断水やガスの供給停止が続き、ライフラインの復旧を急いだ。一部で断水が続いているのは高槻市と箕面市。吹田市、豊中市は解消した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加