■「筆勢」重視、絵に生命力 柿右衛門様式や色鍋島、青一色で描いた唐草文様…。2年ほど前に有田焼のさまざまな技法を駆使し、5寸皿100枚を仕上げた。 「空いた時間に少しずつ描いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加