避難所となった市立穂積小の体育館に集まった人たち=18日午後1時45分、大阪府茨木市

 大阪府北部で震度6弱を観測した地震で18日午後、大阪府高槻市の女性(81)が自宅でたんすの下敷きになり死亡したことが分かった。死者は計4人となった。負傷者は大阪府288人、兵庫県26人、京都府15人、三重県2人、滋賀県3人、奈良県4人の計338人に上った。大阪府内では最大約1500人が約570カ所の公共施設などに避難した。

 交通網がまひし、東海道・山陽新幹線の一時運転見合わせで30万人超、阪急電鉄で約100万人に影響するなどした。

 地震は直下型で、気象庁は今後1週間程度は震度6弱程度の地震が起こり得ると注意喚起した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加