肥料や農薬を一切使用しない自然栽培米で作る、めんやマカロニなどの米加工品を開発。増粘剤や添加物、グルテンなどのつなぎを使わず、米と水だけで成型するグルテンフリーの無添加加工品として注目されている。

 開発の背景には、食物アレルギーで苦労した自身の経験がある。今年8月に発売し、現在は個人客中心だが、販売網を徐々に広げる計画だ。グルテンフリーの需要が高い海外への輸出も視野に入れ、必要な認証取得を目指す。全国の商談会やイベントに積極的に出展し「まずは認知度を上げたい。2020年の東京五輪の選手村で使ってもらえる食材にすることが目標」と村田光貴代表(39)。

このエントリーをはてなブックマークに追加