ゲストトークする中小機構九州本部長の齊藤三氏

 熊本地震で被害を受けた中小企業の皆さんは厳しい状況でも、果敢に新規市場の開拓などに挑戦している。このような方々が地域経済の再生を支えていると痛感する。

 中小機構は地震後の4月21日、熊本市に専門家による中小企業復興支援センターを設置した。初期の相談内容は当面の資金繰りや従業員の雇用調整助成金などで、その後は中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業に関するもの。グループで復興の共同事業を行うと、参加事業者ごとに復旧費の一部が補助され、熊本では10月27日段階で374グループが認定されている。事業者の販路開拓支援として福岡や鹿児島で展示会も行った。

 中小機構の復興、成長支援策を総合的に活用してもらい、イノベーションを生み出す方向に結び付けていただきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加