外務省の志水史雄アジア大洋州局参事官は14日、国際会議出席のため訪問しているモンゴル・ウランバートルで、北朝鮮側当局者と非公式に接触し、拉致問題に関する日本政府の立場を伝えた。政府関係者が明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加