10月上旬に数千万円の現金が盗まれた佐賀銀行干隈支店=福岡市城南区

 今年8月に福岡市東区の佐賀銀行箱崎支店に盗み目的で侵入したとして、福岡県警が建造物侵入の疑いで男3人を逮捕していたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。行員しか知らない暗証番号を入力して侵入したとみられ、県警は、10月に別の支店から数千万円が盗まれた事件に絡み窃盗容疑で逮捕された行員の関与を調べる。

・関連記事 佐銀支店で高額盗難、行員関与か

 男らは既に建造物侵入罪で起訴されている。いずれも無職の住所不定牟田口和彦被告(29)と長崎市の内川勝被告(38)ら。起訴状によると、共謀の上、8月8日午後4時40分~同5時5分ごろ、箱崎支店に職員専用の出入り口を解錠して侵入したとされる。銀行関係者によると、窃盗被害はなかった。

 佐賀銀行を巡っては10月上旬に福岡市城南区の干隈支店で現金数千万円が盗まれる事件が発生。逮捕された行員は実行役に現金の保管場所などを教えたとみられている。銀行関係者によると、行員は今月初めに起訴され、直後に懲戒解雇された。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加