ウナギが恋しい土用の丑(うし)の日が今年も近づいてきた。白石町の鈴山進さん(70)が鹿島川上流で1日、72センチの大物ウナギを釣り上げた。「竿(さお)が折れそうだった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加